皆川榮治のニュースレター 第084号2014年3月26日
news_field 第12期台湾経営幹部養成スクールを開講します

 日経企業における台湾人経営幹部は、日本人トップや日本人幹部の指示に対しては、大変忠実で真面目に仕事をしますが、台湾人同士または特に台湾人の部下に対しては極めてきつく当っていることが多いのをご存じでしょうか?

  仕事は指示・命令で動かせるものと考えている人が多く、要求すれば部下は実行しているはず、と考えています。部下の仕事を理解するとか仕事のレベルアップを指導する重要性を認識していません。
 「台湾経営幹部養成スクール」は企業における仕事の管理手法だけでなく、上司との関わり方、部下指導の仕方、部下人材育成の重要性を学習し、実行できるよう三位一体方式により、行動革新していただきます。本養成スクールへの経営トップの強い参画をお願いいたします。
 5月27日(火)開講です。10名以下の小人数研修で、原則、協理級以上の参加です。  

 

新原経営顧問(股)公司