皆川榮治のニュースレター 第056号2011年5月5日
news_field 経営は人づくり

経営とは、人づくりであると言うことができます。

また管理とは、業績づくりであると言うこともできます。

 台湾に来て企業経営を初めて担当される方は、日本では管理職であった方が多く、業績づくりのみに力を注いでいるケースが多いものです。また台湾以外の海外で企業経営を担当して来られた経営者にも同じことが言えます。
従って、人づくりをどの様に行うかは、経営トップの最大使命であり、これについて、トヨタ自動車の歴代社長はこう言われます。
 「我が社は物づくりの会社です。しかし、良い車をつくるには、人づくりが近道です」と。
 また続けて「人づくりは社長である私の仕事です」と。
 同じく、かつて松下幸之助さんは配下の部長クラスに対し、こう言われました。
 「我が社は何をつくっている会社かと聞かれたら、こう答えなはれ。松下電器は人をつくっている会社です。ついに家電も造っています」と。
 経営が人づくりであることを言い表す名言です。
 台湾に来られて企業経営に当られる方の大半の方は業績づくりにのみ専念しておられることは上でも述べましたが、これは、ご本社がこれを要求しているから,無理もないことです。
 しかし、会社を変え、体質を向上し良い会社をつくるには、人づくりに専念することが、最重要課題なのです。
 どうぞせっかく台湾に来られたのですから、本当の経営を学んで下さい。
 新原経営顧問会社の経営スクールはすでに20期にわたり、約150名の卒業生を排出して来ました。
 人づくりにかけては、他の追随を許さない唯一の経営スクールと言って良いでしょう。類似のセミナーがありますが、人づくりの実際と具体的方法を教えるセミナーはありません。
 現在、第20期が開講中で8名の方が学んでおられます。セミナー後は和気藹藹、食事と四方山話しを楽しんでいます。
 引続き第21期が本年8月から開講します。
 どうぞせっかく台湾で企業経営を担当されるのですから、真の経営実務を学んで帰任しようではありませんか?
 経営トップ各位の将来のご成功を切にお祈り致します。
第21期日程表は [日程表] 及び[お申込書のダウンロード]をクリックして下さい。





新原経営顧問(股)公司