皆川榮治のニュースレター 第43号(2005年9月9日)
『 台湾新幹線が遅れている』

台湾新幹線は本年10月、開業の予定で工事を進めてきたが、今のところ開業遅延は避けられません。
。 . しかし交通部も台湾高鉄公司当局も未だ、遅延を発表していません。

さらに巷間聞こえてくるのは、日本技術の弱さが原因との話しさえ出ています。
...... しかし、私の把握している限りでは、そうではありません。日本技術への弁護の為にもこの遅延理由レポートをまとめました。
..... .他にもあれば是非各位の情報をお寄せ下さい。

.....1,現状信号システムが遅延しているとの報道が多い。今回の信号システムは
日本製です。京三さんと日本信号さんの2社が
.............受注しています。

..............ただし、ホーム入線地点のポイント切り替え機器(転轍機と言う)はドイツシ
ーメンスが大部分、京三さん(車庫入線部分のみ)
...............一部分受けているようです。
信号と言っても青赤黄の見える信号ではなく、全てコントロールセンターで見る信号システム
.............です。

 ........これは車両と一体であるべき(車上装置と連動)で、スムーズな作動をする為には、日本システムが良い、と言うことになりま
.............す。


......2,工事全体は元来、次のような順序で進行することになっていました。

.......................00年2月~04年7月  ...土木高架建築工事
........................  03年1月~04年12月 ...軌道工事
........................04年3月~05年10月 ...コア・システム、機電工事(信号システム含
)
........................05年10月        ........開業

.............したがって、試運転は少なくとも6ヶ月は必要と言われていますが、機電システムの完成前に試運転の計画が入っておらず
............元来窮屈な進行計画であったわけです。と言うより余裕があるつもりだったのでしょう。


......3,土木工事は既に、04年8月に完成しました(日本、韓国、台湾、ドイツの各社が分担受注しています)が、スペックがなかなか
..............決まらず、工事開始が遅れました。

 ..........99年9月の地震の影響で、耐震構造に変更されましたが、台湾側が初めに採用したスペックがヨーロッパシステムで、当初
..............から「日本の技術レベルは低い」との姿勢であり、その上、発注者側のコンサルタントがヨーロッパ人で、特にトンネル技術に
..............ついては知識がなく(ヨーロッパではトンネルは少なくトンネル技術が発達していない)、説得に時間がかかった為です。結果
..............的には全て日本の技術を採用することになりましたが、日本の技術当事者は「腹立たしかった」と述懐しています。

 ..........同時にそれでも工期に間に合わせたのは、日本技術者の優秀性にあるとも、誇っておられます。

 ..........最近の報道では、韓国が担当した土木工事地区が台風の大雨の後、地盤沈下しているとのこと。日本業者が復旧を求めら
..............れています。
 ..........ただし、交通部当局者は否定しています(責任回避)。


......4,信号システムは基本的には前工程の電気システムの完成後に工事開始するもので、前の遅れはそのまま信号システムの
............ 遅れになって来ます。従って、当事者としては「遅れは信号システム」と言っていますが、実際は過去の累積、と言うことで
...............す。

 ..........現状信号システムは全体の3分の1程度の完成状況です。支払いがよくないのも、工事遅れの原因になっています。


.......5,さらに、機電、信号全てにわたって、保守システムが必要ですが、少なくとも信号システムについては、全く取りかかってい
...............ません。


.......6,遅延の理由は大きく分けて2つ。

  ........(1)技術スペック採用に当たり、ヨーロッパ方式を採り、さらに技術コン
サルタントに全てヨーロッパ、アメリカ人を採用したこ
....................と。

.................... これは当初ヨーロッパ新幹線採用を決めたいきさつから当然のことと
はいえ、日本システム導入決定時に日本側も、
...............台湾側も方向転換しておくべきであった。

......................これについては受注することに集中しすぎた日本側にも責任がある。

......................営業活動する人間なら、これくらいの情報は把握していたはずで、「走り出したら何とかなる」とでも考えていたのでは? 
......................商社の責任といわざる
を得ない。


............(2)しかしもっと大きな要因は政治がらみで、交通部の係官の殆どはブルー系(統一派……国民党、親民党、新党)で、
......................新幹線システムがグリーン系(本土派……民進党、台湾団結連盟)政府の推進プロジェクトとなっている為、グリーン系
.......................政府に成功で名を挙げさせたくない思惑があること。

.......................遅延の原因は「日本の技術レベルの低さにある」としてスペック指導・調整で時間をかけ、調達者達はヨーロッパ人コンサ
.......................ルタントを「日本の技術レベルの低さ」の証明に活用して来たということです。

 ...................高鉄の殷董事長ですら、今年2度も日本に行き「日本の技術レベルの低さ」を指摘し、反論した日本側に激怒したと言わ
.........................ますが、事実を把握していない、と言って良いでしょう。

 ...................会社の中で、トップが部下に騙される、と言うのはどこにでもある話しです。

 ...................遅延を理由に台湾側が日本側を訴訟するとの話も出ていますが、
........................これをやったら全てが明るみに出て、困るのは公務員、.と言うことになるに違いありません。

 .....................従って、これに関する訴訟は絶対にない、と言って良いでしょう。日台関係を損なおうとするブルー系の動き、であると見
.........................るべきでしょう。

  .................ただし、ブルー系が一層強くなれば、大いにあり得ることですし、同時に日台関係は悪化することになるでしょう。


...............(3)さらにもう一つ小さな理由をあげるなら、日本人の交渉力の弱さにあると言えましょう。
 .................相手から問題や弱点を指摘をされたとき、多くの日本人は「ここで怒ってはいけない」(実は怒ることができない)「冷静に聞
......................いてから、ゆっくり説明して分からせよう」などと思う人が多いもので、これで既に「第1ラウンドは負け」で時間がかかる原
......................因となります。

 ................「貴方達の方こそ間違っている」とはっきり言わなければ、.同じ土俵で話が出来ないのは当然で、世界と交渉経験の少な
.....................い純粋無垢な技術者達が交渉するとなると、簡単にやられてしまう、と言うことになります。

 ...............相手は意図的に「日本のレベルは低い」と言って来るのですから、ともかく明確な反論が不可欠ですが、この点が弱いこと
...................で余計に時間がかかりすぎているのではないか? と私の経験から類推しています。
 ................あくまでも類推ですが、大いに有り得ることです。

 

...............以上のような状況で、交通部当局並びに台湾高鉄当局は、遅れていることに関し何らかの理由を説明せねばならない状況

...............にありますが、係官達は実態をひた隠しにする為、実態は伏魔殿のようになっていて上層部の方では掌握しきれない、と言う
...............のが実態であるように見ています。

 各位もっと確かな情報があればご教授ください。 


。。

新原経営顧問(股)公司